新型コロナウィルス(SARS-Cov2)感染症(COVID-19)について

感染防止のため、咳エチケット、手洗い・うがいを徹底し、検温を心掛けましょう。

マスクを着用しての受診をお願いします。

当院では新型コロナウィルス感染症の検査、治療は行っておりません。
施行可能な医療機関は自治体指定の医療機関のみ(非公開)となっております。

新型コロナウィルス感染症はまだ未知の部分も多いですが、感染しても無症状や軽度の風邪症状の場合がほとんどです。

感染防止のため、不要不急の外出は避けましょう。

病院で定期的に治療をされている方で、発熱の継続や、息苦しさ、咳が続くなどの症状がある場合は、かかりつけ医にご相談ください。

感染予防策

①こまめに石けんで手洗い
②咳やくしゃみが出るならマスク
③症状が軽いなら自宅で静養
④病院に行くなら事前に電話
⑤人ごみにはなるべく行かない
⑥重症化しないようタバコはやめる
⑦部屋の換気は十分に
⑧栄養・運動・休養で体調管理は万全に

新型コロナウィルス感染症 情報サイト


新型コロナウィルス感染症が疑われる方

【相談いただく目安(令和2年5月8日改訂)】
少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱 等の強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

・妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。

・小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

「帰国者・接触者電話相談センター」
佐世保市保健所 0956-25-9809


「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。
同センターでは、相談内容から同感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診察を行う「帰国者・接触者外来」への受診調整をおこなっております。